ゲイ旅

ゲイの海外旅行ナビ

都市一覧

台湾
台北
高雄
韓国
ソウル
中国
香港
上海
タイ
バンコク
プーケット
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
オーストラリア
シドニー
ゲイ旅

バンコク

微笑みの国タイの首都バンコク。常夏の街は世界有数のゲイシティで、ゲイのエンターテインメントが盛り沢山。

タイのゲイマッサージ事情

  • 2017年1月31日更新
  • ゲイ旅編集部

バンコクのゲイ・マッサージ店は価格帯で大きく二つに分かれる。ひとつは1時間300〜500バーツ程度(ボーイへのチップは別)で受けられる低価格店、もうひとつは1時間1,000バーツ(同じくチップは別)前後の店だ。ゲイ・マッサージの視点からそれぞれの特徴を紹介したい。

低価格マッサージ店

シーロムやスクムビットの街のいたる所にあるマッサージ店がこれ。店先には男女のマッサージ師が何人も待機し、客の呼び込みをしていて、「ボーイマッサージ」と指定すると男のマッサージ師を付けてくれる。低価格マッサージ店の特徴はズバリ、

・価格が安い
・ボーイの容姿は期待しない、また指名できないことが多い
・性的サービスはオマケと考える

だ。基本的にマッサージそのものが主体で、ボーイは着衣のままの施術となる。マッサージの後半、「抜き」のサービスはある場合もあるが、内容は店やボーイによって幅があり、ノンケのマッサージ師が義務的にしごいてくるだけのことから、まれに本番行為を提案してくることもある(サービス内容が過激になるほど要求されるチップ額も上がる)。いずれにしても性的サービスはオマケなので多くは期待しないほうがいい。

またヌキの有り無しに関わらず、マッサージに満足したら100〜200バーツ程度のチップは渡したい。

高価格マッサージ店

高価格帯のゲイ・マッサージ店は日本で言うところのウリ専に近い。ボーイは基本的に若く、イケメン、筋肉質、巨根などアピールポイントを持っている。好きなボーイを指名することができるうえ、マッサージ師も裸になって施術を行い、性的サービスが必ず提供される。

マッサージ前後のシャワータイム、声を出しても平気な個室、上質なオイルやアロマなど、その他のサービスも手厚く、極上の時間を提供してくれる。ネックとなるのはやはり価格で、店への支払いとボーイへのチップで2,000バーツ以上になる。とは言っても日本で同様のサービスを受けることを考えれば格安なのだが。

楽しみ方はそれぞれ

マッサージをメインに気軽に癒されたいなら低価格マッサージ店、タイに来たからには好みのボーイとがっつり楽しみたいという向きは高価格マッサージ店を選ぶといい。なお、低価格店と高価格店の中間的な店もあるので、各店のサービスはクチコミを参考にしてほしい。

以下は、主に高価格マッサージ店を前提に利用方法を紹介する。

ボーイが多いのは夕方の時間帯

店によって在籍するボーイのタイプが異なるので、まずは好みに応じて店を選ぼう。ほとんどの店が午後早めの時間から開いているが、開店直後はボーイの数がまだ少ない。タイプのボーイがいれば問題ないが、たくさん選択肢がほしいなら夕方の時間帯が狙い目。

入店からボーイの指名まで

店に入るとマネージャーが迎えてくれる。初めての店ならシステムを説明してもらおう。

ひととおりシステムを理解したら、ボーイを選ぶ。ずらりと並んだボーイ達がいっせいに手を振ったり笑顔を投げかけてくる。その中から指名するのだが、決められないときはマネージャーに相談するのも手。希望のプレイ内容、アソコのサイズ、年齢、体格、英語が理解できるかなど何でもいい。条件に合ったボーイをピックアップしてくれる。

また様々なコースが用意されているが、おすすめはオイル・マッサージ。基本的に全裸で施術を受けることになるのでエロティックな雰囲気になりやすい。じっくりと楽しみたいときは90分以上のコースを選択しよう。

選ばれたボーイはいったん裏に入り、準備ができると個室に案内される。

シャワーを浴び、ベッドに横になるとマッサージが始まる。ボーイに身を任せていれば次第に大胆な誘いを掛けてくるが、じれったければ自分から手を出してもいい。

料金は固定+チップ制

料金は、店に◯○バーツ、ボーイに◯○バーツ〜など店によって決められている。

店に支払う料金は固定だが、ボーイに支払うチップは受けたサービスによって変わってくる。まったく満足できなければ最低料金でよく、楽しませてもらったときは金額を上乗せしよう。またボーイのほうから、このプレイはいくら、というように金額を提示してくることもある。もちろん交渉も可能だ。

おすすめスポット

 

このサイトについて